老健<老人保健施設>薬剤師求人ランキング

老健薬剤師求人TOP >> 老健薬剤師の転職の基礎 >> 老健薬剤師の退職金は多い?

老健薬剤師の退職金は多い?

老健薬剤師に限らず、薬剤師が退職するときは退職金を受け取ることができます。しかし、どれくらいの退職金を受け取ることができるかは、職種や勤続年数などによって異なります。ですから、薬剤師だからといってすべての職種が同等の金額の退職金を得られるわけではありません。そこをきちんと理解しておかなければ、いざ退職するときにガッカリしてしまうかもしれません。

まず、退職金の金額が決まる基準を詳しく知りましょう。1つ目は、『自己都合もしくは会社都合など退職事由』です。一般的に、自分の都合で退職する場合、会社都合による退職よりも当然退職金はマイナスになります。ただし、早期退職制度を設けているところであれば、自己都合でも割増になる場合があります。2つ目は、『勤続年数・仕事内容・学歴』です。勤続年数は、長ければ長いほど退職金でプラスになります。また仕事での評価が高く、高学歴の場合も退職金が高くなりやすいといわれています。しかし、年功序列型の場合、たとえ長期間勤務していても”退職時の給与額の○か月分”で多く受け取れないことがあります。また、なかには3年以上勤務しないと退職金が出ないところもありますので、事前にきちんと確認しておきましょう。3つ目は、『企業年金の有無』です。この制度を採用している場合、退職金を年金受け取るに変えることができます。この場合、会社がお金を預かり支払うことになりますから、退職金よりも多く貰いやすいといわれています。

老健は、退職金の制度がきちんとしているところが多いため、他の職種に比べある程度の金額を受け取ることができます。もちろん施設によって変動はありますが、極端に少ないということはありません。もともと、給与も病院や診療所勤務の薬剤師よりも多く受け取ることができます。病院勤務で退職金の相場は1,000万円以上。施設によって違うとはいえ、多くの退職金を得られると考えて良いでしょう。

ちなみに、どれくらいの退職金を受け取ることができるのか、求人には詳細を明記していないところがほとんどです。なかには退職金の有無も書かれていない求人もありますので、応募する前に問い合わせておくと安心です。また長期勤務も、30年以上のところがほとんど。最低3年以上勤務が必要になるところが多いですが、30年以上勤務しても退職金が出ないところもありますので、退職時に損しないためにも事前確認は必須です。

老健の薬剤師求人もたくさん!転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 ランクポイント 運営会社 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細




Copyright (C) 2013-2018 老健<老人保健施設>薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.