老健<老人保健施設>薬剤師求人ランキング

老健薬剤師求人TOP >> 老健薬剤師の転職の基礎 >> 老健薬剤師の業務内容・役割は?

老健薬剤師の業務内容・役割は?

薬剤師の転職先として、近頃注目されているところがあります。それは、老人保健施設です。高齢者で医療や福祉サービスを必要としている高齢者を収容する施設を指します。自宅で療養できるようにするために、いろいろなサポートを実施しています。高齢化社会が進む中で、老人保健施設における薬剤師へのニーズも高まってくるのではないかとみられています。ところで老人保健施設で薬剤師は、どのような仕事をするのでしょうか?

基本的に老人保健施設であっても、薬剤師のすべきことはあまり変わりません。まず、医者なども老人保健施設の中で働いていると思われます。医者から医薬品が必要な患者への処方の指示が出るはずです。そこでその指示通りに、薬の調剤を行います。そして入所者に対して、服用のタイミングで医薬品を配っていきます。入所者によってもちろん、処方されている薬も変わってきます。そこで間違った入所者に薬を渡さないように細心の注意を払います。

また患者によっては複数の医薬品を、同時に服用する人もいるかもしれません。そのような場合に、薬の飲み合わせの悪い組み合わせがないかどうかチェックをすることも重要です。場合によっては、深刻な結果をもたらしてしまう恐れもあるからです。

自分で配る所もあれば、看護師が施設内にいて彼女たちが配る場合もあります。この時に伝達ミスがないように、綿密にコミュニケーションをとる必要があります。中には、点滴や注射の必要がある入所者もいるかもしれません。その場合には、必要に応じて点滴や注射薬の調合を担当することもあります。

このように老人保健施設では、いろいろな種類の薬剤を取り扱うことになります。中には、劇薬と呼ばれるような薬剤も取り扱うこともあるかもしれません。万が一院内から持ち出された場合には、大変な事態になってしまいます。そこで院内で保管している薬剤の管理も、薬剤師が担当することになります。このように老人保健施設では、薬剤の管理や監督をすべて薬剤師が担当すると思っておきましょう。

老人保健施設で働く薬剤師について、今一つ具体的なイメージが持てないという人もいるかもしれません。その場合には、転職エージェントを利用してみるのも一つの方法です。転職エージェントには、薬剤師業界に精通しているキャリアコンサルタントがいます。彼らに聞けば、老人保健施設における薬剤師の業務や役割について、より具体的に教えてくれるはずです。

老健の薬剤師求人もたくさん!転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 ランクポイント 運営会社 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細




Copyright (C) 2013-2018 老健<老人保健施設>薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.