老健<老人保健施設>薬剤師求人ランキング

老健薬剤師求人TOP >> 老健薬剤師の転職の基礎 >> 老健薬剤師のやりがいは?

老健薬剤師のやりがいは?

一般的に薬剤師の仕事は調剤や服薬相談、医薬品の管理などです。勤務する場所によって異なりますが、病院や診療所の薬剤師なら患者さんひとりひとりとしっかり向き合わなければいけないため、コミュニケーション能力も求められるでしょう。では、老健薬剤師はどうでしょうか?近年、老健で働く薬剤師が増えてきているといいます。調剤薬局や病院などに比べると知名度は低いですが、ひとつの施設に数人の薬剤師が勤務しています。老健薬剤師は主に医薬品の管理を行います。医師の指示で調剤することがないため、病院や診療所のような業務は行いませんが、入居している人が安心して服薬できるようにしっかり管理しなければいけません。

そんな老健薬剤師のやりがいとは何でしょうか。薬剤師は、働く場所によってどんなところにやりがいを感じるのか異なります。老健薬剤師の場合、高齢者と携わることが多いため、薬剤師としての業務の他、リハビリや訪問介護までさまざまな業務をこなします。薬剤師としては、入居者の服薬指導を主に。薬の飲み忘れがないように工夫しながら管理します。ですから、一番のやりがいはやはり”自身の服薬指導で入居者の体調が回復していくこと”でしょう。

病院や診療所の場合、医師の指示のもと調剤業務を行いますが、老健薬剤師の場合医師がいないため、すべての責任は自分になります。ですから、自身の服薬指導によって体調が回復していく入居者の姿を見るのは耐えがたい喜びとなるでしょう。老健は先にも述べたように高齢者を相手にしますから、若い患者さんに比べ面倒な方も少なくありません。なかには頑なに薬を拒む人もいるでしょう。そんな中で、高齢者の信頼を得ることができると、大きなやる気として繋がります。そういったところも、老健薬剤師の良いところといえます。

さまざまな経験ができることから、想像しているよりも薬剤師として多くのことを学ぶことができるでしょう。そのため、スキルアップにも繋がります。どんな仕事でも、スキルアップできることは光栄です。ですから、薬剤師としてもっといろんなことを学びたいという方は、老健薬剤師で働いてみてはいかがでしょうか。老健薬剤師は、時に劇薬と呼ばれる薬を取り扱うこともあり、持ち出されないようにしっかり管理する必要があります。そういった経験ができるのも、老健薬剤師ならではでしょう。

老健薬剤師の求人は正社員よりもパートが多いですから、薬剤師の資格を持て余している主婦の方や、ブランクがある主婦でも活躍することができます。

老健の薬剤師求人もたくさん!転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 ランクポイント 運営会社 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細




Copyright (C) 2013-2018 老健<老人保健施設>薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.