老健<老人保健施設>薬剤師求人ランキング

老健薬剤師求人TOP >> 老健薬剤師の転職の基礎 >> 老健薬剤師の転職の履歴書の書き方は?

老健薬剤師の転職の履歴書の書き方は?

老健薬剤師に転職する場合、転職の履歴書の書き方のコツはあるでしょうか。結論から言えば、薬剤師として長い経験があること、あるいは以前に勤めていた職場がどこであれ、管理者としての経験があればアピールポイントとなります。ですから、履歴書もどこで働いていたか、どれだけ働いていたかに加えて、どのようなポジションで働いていたか、どのような業務を行っていたかを加えていくと良いです。

老健は施設内で入居者に調剤や処方をしていきます。また、各施設で単独で働くことも多いです。従って、経験の多い即戦力の人材を求めています。また、経験がある方は年齢も高めになってくるでしょうから、採用後に職場でじっくりと研修を行うことは考えにくいです。ですから、例えば離職期間が長い場合は、一度パートでもいいので現場復帰してから改めて老健を目指すのがおすすめです。短期間でもいいので職場経験を一度はさみ、それを履歴書に記載すれば印象も変わってくるでしょう。

一方で、実際の求人を見てみると、老人保健施設での実務経験は不問というところが多いです。もちろん、老健での経験があれば良いですが、基本的には薬剤師の免許をもっていることと、職場はどこであっても薬剤師として実務経験があれば応募はできます。むしろ、職場の種類よりは、管理者の経験などがあった方が重要でしょう。

他にも、薬剤師に限らず、転職の際に気になるのは年齢です。一般的に、年齢が高くなるにつれて転職は難しくなるものです。しかし老健の場合は例外です。実際の求人を見ても、年齢不問というところが多いです。極端な高齢は別として、むしろ年齢が高いほうが入居者との距離も近くなり、個別の相談にも乗りやすくなります。ですから、中年以上のかたでも年齢を気にせず、むしろこれまでにどのような職務経験をしたかをしっかりアピールするといいでしょう。

また、老健に限らず、高齢者の医療施設や介護施設は、施設によって環境が大きくことなります。その点に関しては、病院に似ているところがあります。労働時間、給与、残業の有無なども、施設によって様々に変わってきます。自分がどのような勤務をしたいか事前にきちんと決めておき、その上で求人を検索する方が、履歴書を書く際にもスムーズに進むでしょう。転職が初めてであり、履歴書の書き方に不安がある場合は、転職エージェントやコンサルタントを利用して、添削や指導を行ってもらうのがおすすめです。

老健の薬剤師求人もたくさん!転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 ランクポイント 運営会社 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細




Copyright (C) 2013-2018 老健<老人保健施設>薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.