老健<老人保健施設>薬剤師求人ランキング

老健薬剤師求人TOP >> 老健薬剤師の転職の基礎 >> 老健薬剤師の転職の自己PRは?

老健薬剤師の転職の自己PRは?

薬剤師の転職として、近年になって増加してきているのが老健薬剤師です。これは、高齢者専門の医療施設であり、医療に加えて福祉サービスを提供します。介護施設の一つであり、保険適用ができます。また、最大の特徴として、利用者の自宅復帰を目指すということがあります。そのためのサポートをしていくのが職員の仕事となります。施設で継続的に生活していくのは老人ホームやホスピスがあり、その一方で在宅介護もありますが、その中間に位置すると考えればいいでしょう。

老健へ転職する際、転職の自己PRが重要になります。そのためにも、施設でどのような仕事をするか知っておく必要があります。あくまで薬剤師として働くので、相手が高齢者中心ということはありますが、一般的な薬剤師の仕事と大差はありません。医師からの指示に従って薬を調剤し、入居者に対して薬を配っていきます。そして、入居者に飲み方や薬の説明をすることが大切な仕事です。場合によっては、入居者の家族と接して説明をする場面もあるでしょう。一般の方にわかりやすく薬の説明をする能力が特に求められます。また、高齢者はいろいろな薬を併用していることも多いので、薬の飲み合わせについて説明することが大切です。特に、飲み合わせによっては重篤な副作用が出る場合もあるので、ここには神経を使いたいところです。

このように見ていくと、例えば病院勤務や薬局勤務の経験があれば、そこで高齢者と関わった経験は生きてくるでしょう。それを転職の際の自己PRに使うことができます。また、コミュニケーション能力が肝心になってくるので、前職で医師や一般の方との意思疎通についても、経験を活かすことができます。その他、老健では場合によっては点滴や注射を行うこともあります。そうなると、病院勤務の経験を活かすことができます。

その他、施設の規模にもよりますが、施設内では薬の管理責任者となることが多いです。そのために、例えば病院勤務で管理薬剤師の経験があれば、大きなアピールポイントとなるでしょう。その他にも、例えばドラッグストアで薬の管理を行っていた経験なども充分にアピールポイントになります。このように見ていくと、ある程度薬剤師としての経験を積んだ後で、長期的に働く職場として選択するのもいかもしれません。在宅復帰が目的とは言え、同じ入居者と長い間付き合っていくことになるので、長期的に働く意志があることも自己PRとして使えるでしょう。

老健の薬剤師求人もたくさん!転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 ランクポイント 運営会社 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細




Copyright (C) 2013-2018 老健<老人保健施設>薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.