老健<老人保健施設>薬剤師求人ランキング

老健薬剤師求人TOP >> 老健薬剤師の転職の基礎 >> 老健薬剤師の配置基準は?

老健薬剤師の配置基準は?

薬剤師の転職というと、調剤薬局や病院をイメージする人も多いのではないでしょうか?また最近では、ドラッグストアでも調剤薬局のスペースを設けている所も出ています。そこでドラッグストアでも、薬剤師の求人を活発に出しています。新薬開発やMR職になるために、製薬会社に転職する薬剤師の方もいます。その他にも薬剤師として活躍できる職場は、いろいろとあります。

その中でも最近注目されているのは、老人保健施設に転職する方法です。全国的に見ても老人保健施設の求人は、徐々に増加してきています。実際に老人保健施設に転職する薬剤師の数も、増加傾向にあります。老人保健施設は高齢化社会が今後進んでいく中で、薬剤師の職場としてはますます無視できない存在になってくるでしょう。

老人保健施設では、医療サービスを必要としている入所者を収容しています。医療サービスの中には、投薬治療なども含まれます。そこで薬の調剤や服薬指導、医薬品の品質管理をするために薬剤師はもともと必要です。加えて、老人保健施設には薬剤師の配置基準が定められています。老人保健施設を運営するためには、介護保険法や老人福祉法、生活保護法といったいろいろな法律が絡んできます。その中で、薬剤師の配置基準も決められています。老人保健施設を運営するためには、入所者300人当たり、少なくても薬剤師は1名施設の中で仕事をしていないといけません。つまり老人保健施設を運営するためには薬剤師の採用は、ほとんど必須の条件となっているわけです。このため、老人保健施設では薬剤師の求人募集を活発に出しているわけです。

しかし老人保健施設の中には、規模の小さな所もあります。このような所では、薬剤師は1名やそこらで十分ということになります。1名の募集で応募者が殺到してしまうと、人事の方の負担も大きくなってしまいます。そこで非公開求人にして、多くの人の目に触れないようにして募集を出している老人保健施設もあります。

このような求人情報を入手するためには、転職エージェントに登録する必要があります。転職エージェントは、無料で登録することが可能です。そしてキャリアコンサルタントが、あなたがどのような所で仕事をしたいのかヒアリングをした上で転職先の紹介をしてくれます。その他にも、履歴書や職務経歴書を作成するときに、どのような所に気をつけるべきかをアドバイスしてくれます。転職活動をしていく中で、大変心強いパートナーになってくれるはずです。

老健の薬剤師求人もたくさん!転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 ランクポイント 運営会社 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細




Copyright (C) 2013-2018 老健<老人保健施設>薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.