老健<老人保健施設>薬剤師求人ランキング

老健薬剤師求人TOP >> 老健薬剤師の転職の基礎 >> 老健薬剤師はパートが多い?

老健薬剤師はパートが多い?

老健、つまり老人保健施設においても薬剤師の設置義務があるため、全国にある老健からの求人も薬剤師にとって注目すべきジャンルとなっています。しかし、老健の薬剤師求人は全体的に少ないことがネックとなっています。というのも、老健の場合は、患者さん300人あたり薬剤師1人の設置基準となっていますので、ほとんどのケースで一つの老健に所属している薬剤師の数は、1人か2人程度だからです。また、多くの老健は総合病院やリハビリ病院の付属施設という形で設置されているため、病院本体に在籍する薬剤師が兼任するという形を採っているところも多くあります。当然、その分新規に薬剤師を募集するということが少なくなり、求人の数も限定されてしまうのです。

また、老健薬剤師はパートという雇用形態での募集が多いという傾向があります。老健における薬剤師の役割は、ほとんど医薬品の管理となります。もちろん、たくさんの患者さんの薬を管理することになりますので、医薬品の量は多いのですが、種類という面では一般の調剤薬局で扱うものよりかなり少なくなります。それで、毎日のように管理業務をする必要もなく、一週間のうち数日を管理業務に充てれば良いというのが現状です。病院本体にいる薬剤師が兼務するということと併せて、毎日たくさんの仕事があるわけではないので、一週間に数日のパートで十分ということになるのです。もちろん、正社員としての求人もありますが、全体的にはパートタイムでの勤務の割合がかなり多くなります。

パートタイムの雇用であったとしても、給料は比較的良い方ですので、安心して働けるでしょう。時給換算にすると、2,000円から2,500円ほどの給料が支給されます。ある程度長期間働き続ければ、雇用保険やボーナス、有給休暇などの制度も適用されるようになりますので、有利な条件で働けるというメリットもあります。家庭を持っているために毎日働くのは無理という人にはぴったりの職場と言えるでしょう。パートタイムだと大きな責任を負うことも少ないので、精神的な負担も抑えられるという点もうれしいところでしょう。

このように、老健の求人は、プライベートの時間をしっかりと取りたい、家庭の事情のために毎日働くことはできないという薬剤師にぴったりです。求人数はそれほど多くないので、自分が求める条件に合ったところを見つけるまでは時間がかかるかもしれませんが、じっくりと求人情報をチェックして、理想的な職場が出るまで待つと良いでしょう。

老健の薬剤師求人もたくさん!転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 ランクポイント 運営会社 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細




Copyright (C) 2013-2018 老健<老人保健施設>薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.