老健<老人保健施設>薬剤師求人ランキング

老健薬剤師求人TOP >> 老健薬剤師の転職の基礎 >> 老健薬剤師は正社員求人は多い?

老健薬剤師は正社員求人は多い?

老健における薬剤師の仕事は、医薬品の管理がメインとなります。総合病院や調剤薬局と比べると、使用される医薬品の種類は少ないものの、毎日大量の薬の動きがありますので、業務量は相当のものがあります。また、老健を利用している高齢者は、何種類もの薬を同時に服用しているケースが多いので、飲み合わせやアレルギー反応などのチェックをすることも大事な仕事です。全体的に忙しい仕事となり、毎日あっという間に時間が過ぎていくでしょう。

老健における薬剤師の設置基準は、300人の患者さんにつき薬剤師が1人となっています。一人の薬剤師がカバーする患者さんの数はかなり多く、多くの老健では1人もしくは2人の薬剤師が常駐していないという状況です。また、毎日のルーティンワークの他は、特に大きな仕事もないため、パートタイムもしくは派遣社員という雇用形態で薬剤師を雇っているところも多くあります。調剤薬局や病院に比べると、薬剤師の正社員求人は少なく、パートタイムでの募集が高い割合を占めるという傾向が見られます。もちろん、正社員求人がないわけではありませんので、老健に勤めるメリットを味わいたいというのであれば、老健正社員という条件でじっくりと求人情報をチェックしてみると良いでしょう。

老健での正社員求人があるケースのほとんどは、入所者数が多い施設となります。小さい老健であれば、当然薬剤師の数も、行う業務量も少なくなりますので、正社員の必要性がありません。また、病院の付属施設として老人保健施設が設置されている場合も、正社員の求人は少なくなります。病院に在籍している薬剤師が、老健も兼務するという形を採っているケースが多いからです。それで、老健薬剤師の正社員求人を狙っているのであれば、300人以上の入所者がいて、病院とは独立した施設を持っている老健を探すと良いでしょう。全国にこうした条件を満たす老健はたくさんありますので、自分が住むエリアでも当てはまる施設を見つけられるでしょう。

老健薬剤師の雇用条件は、運営企業によってだいぶ異なります。年収で見ると400万円ほどのところから、600万円以上の収入を提示しているところもあります。福利厚生や就業時間に関する規定もだいぶ異なりますので、無理なく働ける職場を見つけられるように、条件の詳細をしっかりとチェックして、自分の希望や家庭の事情に合っているかどうかを考えるようにしましょう。

老健の薬剤師求人もたくさん!転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 ランクポイント 運営会社 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細




Copyright (C) 2013-2018 老健<老人保健施設>薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.