老健<老人保健施設>薬剤師求人ランキング

老健薬剤師求人TOP >> 地域別の老健薬剤師の求人 >> 京都の老健薬剤師の求人

京都の老健薬剤師の求人

薬剤師の転職先として一般的に考えられるのは調剤薬局・病院・ドラッグストアなどですが、最近では医療や福祉サービスを必要としている高齢者が利用する老健(介護老人保健施設)をはじめとする介護施設が注目されています。京都は高齢化率が政令指定都市の中でも高い数字になっていて、しかも75歳以上の後期高齢者の割合が65〜74歳の前期高齢者の割合を上回っているといった特徴のある街です。それに京都府内にある介護施設の約半数が京都市に集中しているので、待機高齢者の解消までとはいかなくても数多くの介護施設が整備されていると考えられます。ちなみに介護関連施設の種類としては、特別養護老人ホームや老健をはじめ、介護付・住宅型有料老人ホームやグループホームなどがあります。これら全ての施設で薬剤師が必要なわけではありませんが、老健では入所者300人に対して薬剤師を1名設置する義務があるので、京都の老健薬剤師の求人がある可能性は考えられます。

高齢化社会の進行と共に老健薬剤師のニーズもあるので京都の老健薬剤師の求人を探している方もいるでしょうが、どのような仕事を担当するのか知っておくことも必要なことです。老健薬剤師の基本的な仕事は、医者の指示の下で医薬品が必要な入所者に対して調剤を行うことと、施設によりますが入所者に対して調剤した薬を配ることです。また入所者の中に点滴や注射が必要な方がいる場合には、点滴や注射薬の調合も行うこともあるので、一般的な薬剤師の仕事と大きく異なる点はありません。ただ大きく変わることは、先にも触れたように入所者300人に対して薬剤師を1名設置する義務があるということで、全ての仕事を一人で行う必要があるという点です。それから老健には様々な入所者がいることから幅広い分野の薬を扱うことになりますし、その中には劇薬と呼ばれるような薬剤もある可能性が考えられます。その為に医薬品管理というのも重要な仕事になります。

それから京都の老健薬剤師の求人を探すのなら知っておいてほしいことは、老健薬剤師の求人は希少求人になるということです。その理由は、入所者300人に対して薬剤師を1名設置する義務があるということで、入所者300人という大規模な老健はそれ程多くないです。また入所者300人であっても薬剤師は1名で足りることになりますし、医療法人が運営する老健なら医療機関の薬剤師が兼務するといった方法でも問題がないのです。このようなことから老健薬剤師の求人が出されることが少ないのです。

老健の薬剤師求人もたくさん!転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 ランクポイント 運営会社 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細




Copyright (C) 2013-2018 老健<老人保健施設>薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.